私という名の変奏曲 [連城三紀彦]

私という名の変奏曲
連城三紀彦


7人の容疑者全員が、同じ人を同じ場所で殺害するという、ありえないシチュエーションの傑作ミステリー。
一体どうやって集約するのだろうと、読み進めるほどに期待感が膨らみ、最後にはシッカリとした結末がキレイにまとめてくれる。
共犯者の独白部分は読み応え十分だが、トリックが解明してからの部分なので、少しダラダラした感じも。
トリックを楽しむよりも、レイ子と登場人物たちのネチっこい関係にドキドキするといった楽しみ方になるだろう。


どんでん返し度:43

私という名の変奏曲 (ハルキ文庫)
角川春樹事務所
連城 三紀彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック