フェイク [五十嵐貴久]

フェイク
五十嵐貴久


とにかく酷い作品。
自分をハメた相手から10億円巻き上げようとする探偵の物語だが、人物設定が甘く、どんでん返しも非現実的で読み応えはなし。
最後も中途半端に梯子を外された形で、爽快などんでん返し感は皆無。逆に自分はムカついてしまった。
ギャンブルが好きで、マンガの「アカギ」や「カイジ」などのストーリーになれた人は、使い古されたどんでん返しの手法と、短絡的なストーリーに憤慨すること間違いなし。たぶん著者はギャンブルをやらないのではないか。
ラストシーンの読み手への裏切りをどんでん返しと認めてもこの程度の得点で十分だろう。


どんでん返し度:10

Fake
幻冬舎
五十嵐 貴久

ユーザレビュー:
風呂敷はでかいが中身 ...
楡 周平の「フェイク ...
騙されるのはどちらか ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック